心療内科へ行く前に!「うつ」ってどういう症状?うつ病?

「うつ」ってどういう症状ですか?」と診察時によく聞かれますので、今回はその簡単な解説です。
「うつ」という言葉は「病気や症候群としてのうつ」と「症状としてのうつ」として使われることが多く、区別して使わないとわかりづらくなります。
今回解説するのは症状としての「うつ」で、「抑うつ」「うつ状態」「抑うつ状態」とも言い、「気分が落ち込んでいる状態」です。以下のような形で訴えられることがあります。
・悲しさ
・絶望感
・不安
・空虚感(心にぽっかりと穴があいた感じ、満たされない感じ)
・罪責感(自分が悪いのではないか?)
・自責(自分を責めてしまう)
・劣等感(自分は劣っているのではないか?)
・興味の喪失(これまで興味のあったことに興味がもてない、趣味ができなくなった)
思考が制止し、悲観的な内容になりやすく、意欲が低下したり、行動力が低下することも多くみられます。
こういったうつの症状はうつ病だけではありません。うつ症状でお困りの方は当院にご相談ください。

投稿者: かわせみクリニック

「金町駅前心療内科かわせみクリニック」のブログです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です