心療内科へ行く前に!不安の対処方法(特に、休職中初期の方へ)

気分が落ち込んでいるときやうつっぽくなっているときは何でもネガティブに考えてしまいます。考え方を変えようと思っても変えられるものではありません。そういう時は「何も考えない」というのが選択肢のひとつになります。人は「ぼーとしているとき」に悪いことばかり考えてしまいます。逆に「何かに集中しているとき」はそういったことを考えるでしょうか?

不安や嫌なことを考えているなと気づいたら、下記をすぐにやってみてください

  • 家事を一生懸命する(皿洗いをしてみる、掃除してみる、片づけてみるなど)
  • 体操をする
  • 深呼吸に集中する
  • 思いっきり走ってみる
  • 思いっきり大声を出してみる、歌ってみる
  • 筋トレする
  • 散歩する
  • 人と話す
  • 子供と遊ぶ

など

 ぼーとしている時間を減らして、何かに集中して考えない時間をより増やすことが重要です。上記をひとつやってみて、「いろいろ考えてしまうな」と思ったら上記の中の他のことにチャレンジしてみてください。

注意:気分が落ち込んだり、うつっぽくなっている時は集中力が落ちるため、例え趣味であっても読書や映画を観たりするのは、あまりお勧めしていません。集中力が切れるとぼーとしてしまい、色々悪いことを考えてしまいものです。調子が良くなって集中力がついてからならやっていただいて構いません。まずは上記にありますが、体を動かす系のものが簡単でおすすめです。

また、それでも気分を紛らわすことが困難な時は薬のサポートも必要です。時間がたって治療が進むにつれて不安や嫌な考えはうまく対処できるようになり、薬も必要なくなることも多いのでご安心ください。

休職中の方、もしくは働かれていてストレスがたまっている方の休日は、仕事から一線を引いて休むことが基本ですが、どうしても仕事のことを考えてしまうものです。仕事のことを考えると不安になる、気分が落ち込むときは同様に上記のことを試してみて下さい。

うまく嫌な気分や不安がコントロールできなくてでお困りの方は当院へご相談ください。

投稿者: かわせみクリニック

「金町駅前心療内科かわせみクリニック」のブログです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です