blog

大人のADHD(注意欠陥・多動性障害)

ADHD(注意欠陥・多動性障害)は

不注意(集中できず、気が散りやすい/忘れっぽい)

多動性(じっとしていられず、落ち着きがない)

衝動性(順番を待てない/しゃべり終えるのを待てない)

の3つを特徴とした発達障害の1つです。大人は不注意型が多いと言われています。

  • 片付けができない
  • 一つのことに集中できない
  • 仕事のミスが多い
  • 物忘れが目立つ
  • 忘れ物が多い
  • 仕事が覚えられない
  • 他のことを言われると、今やっていることを忘れてしまう
  • 予定がたてられない
  • 約束の時間を守れない
  • 約束や用事をよく忘れる
  • 順序立てるのが苦手

などの症状で困ってみえる方が多いです。

スクリーニング検査としてASRS-v1.1が有名ですのでご紹介いたします

①物事を行なうにあたって、難所は乗り越えたのに、詰めが甘くて仕上げるのが困難だったことが、どのくらいの頻度でありますか。
②計画性を要する作業を行なう際に、作業を順序だてるのが困難だったことが、どのくらいの頻度でありますか。
③約束や、しなければならない用事を忘れたことが、どのくらいの頻度でありますか。
④じっくりと考える必要のある課題に取り掛かるのを避けたり、遅らせたりすることが、どのくらいの頻度でありますか。
⑤長時間座っていなければならない時に、手足をそわそわと動かしたり、もぞもぞしたりすることが、どのくらいの頻度でありますか。
⑥まるで何かに駆り立てられるかのように過度に活動的になったり、何かせずにいられなくなることが、どのくらいの頻度でありますか。

上記の6項目を評価いたします。診断には小さいころの症状、現在の症状、診断基準、心理検査(必要に応じて)等を総合して診断いたします。

 

当院ではADHDに対して診断の上、薬物療法(2種類あります)、カウンセリング(保険適用外)を行っています。

ADHDの症状があってお困りの方は当院へご相談ください。

金町駅前心療内科かわせみクリニックへのアクセス

金町駅前心療内科かわせみクリニックのHP

心療内科へ行く前に!うつ病、パニック障害の不安のコントロール「マインドフルネス」

不安はずっとは続きません。時間がたつにつれて徐々に弱まっていきます。

不安のコントロールは「不安に気づく->注意をそらす」ことが重要だと思います。

さまざまな方法があると思いますが、今回はマインドフルネスのご紹介です。

マインドフルネスとは日本マインドフルネス学会によると

「今、この瞬間の体験に意図的に意識を向け、 評価をせずに、とらわれのない状態で、ただ観ること」

です。文章にすると難しいですが、体験するのは簡単です。やってみましょう!

 

目を閉じてください。どんな姿勢でも構いません。

①深呼吸しましょう。 鼻から3秒吸って、5秒止めて、7秒以上かけて口から吐ききりましょう(腹式呼吸です)。

②呼吸に集中してください(空気が吸ったときにお腹に入って、吐いたときに出ていく感じを感じてもいいです)。

③呼吸以外のことが頭に考えが浮かんだのに気づいたら(気付く)、呼吸に再度、集中しましょう(注意をそらす)

まずは3分ぐらい続けてみましょう 。何回「気づき」ましたか?1回ですか?10回ですか?3分間何も考えず呼吸に集中するのはかなり難しいことですので、ずっと集中できなくても安心してください。

深呼吸以外にも自分の感覚(かゆみ、しびれ、震えなど)に集中してみても大丈夫です。違うことをボーと考えている時が不安になりやすい状態です。それに「気づき、注意をそらす」トレーニングです。頭もすっきりしませんか?

「気づき」のトレーニングとして不安な時以外でも毎日10分~30分ぐらいやってみてはどうでしょうか?

不安がコントロールできなくてでお困りの方は当院へご相談ください。

金町駅前心療内科かわせみクリニックへのアクセス

金町駅前心療内科かわせみクリニックのHP

診療時間変更のお知らせ

当院では平成30年2月1日より診療時間が変更となります。診療日は変わりません。

火曜日 9:00~13:00、15:00~19:00、19:00~20:00

木曜日 9:00~13:00、15:00~19:00、19:00~20:00

土曜日 9:00~13:00、15:00~19:00

日曜日 10:00~13:00、15:00~19:00

新患の予約は朝の診療開始30分前ぐらいから可能です(診療準備もあるため、電話に出られない場合もありますのでご了承ください)。

今後とも、「かわせみクリニック」をよろしくお願い致します。

1月。診療中

1月の診療が始まりました。平成30年で平成は最後でしょうか?

当院では昨年と変わらないメンバーで診療をしています。今年もよろしくお願いいたします。

 

受付、待合室も新年モードです。

受付
待合室
待合室
心理室

うつ病、パニック障害、不眠症(睡眠障害)でお困りの方は当院へご相談ください。

金町駅前心療内科かわせみクリニックへのアクセス

こち金町駅前心療内科かわせみクリニックのHP

 

 

ご挨拶と当院のご紹介

院長 今井雅広

ご挨拶

私はもともと一般内科、総合内科、内科救急を中心にさまざまな年齢層の方を診療していました。しかし、「現在の医療では治らない病気」にどう対応したらいいのか?という壁に当たりました。その中で、精神的なこころのケアの重要性を感じ、本格的に勉強しようと思い、精神科に転科して今に至ります。精神科医になってからは指導医、同僚にめぐまれ、さまざまな経験を得ることができました。その経験をこの地域の皆様に還元できたらと考えています。

かわせみクリニックの「かわせみ」も地域に根差したクリニックを作りたいと思い、水元公園かわせみの里より命名させていただきました。

当院はストレスに関する「からだの症状」、「こころの症状」を診療するメンタルクリニックです。ストレスが原因では?と思ったらご相談に乗れますのでお気軽にご相談ください。

 

当院のご紹介

風邪で内科を受診するのと同じように受診していただけますのでご安心ください。

 

エレベーターを降りるとすぐに当院看板です。奥に見えるのが受付です。

看板

受付

優しいスタッフが皆様をお迎えします。わからないことは何でも聞いてください。 当院のスタッフは「患者様がクリニックに入られてから帰られるまでが診療」と考えて対応しています。

初診の方は予約した旨を受付にご連絡ください。問診票を書いていただきます。再診の方は診察券を提出し、待合スペースでお待ちください。

院内アンケートも匿名で行っていますのでご協力お願いいたします。

受付

待合スペース

待合室はゆったりとくつろげるよう、広めに確保しています。完全予約制ですので混むこともありません。落ち着いた雰囲気の中、少々お待ちください。

 

待合スペース① 受付前の4脚と1脚

主に問診表を書いたり、会計待ちで使用されています。

受付横に4脚
受付前に1脚

 

待合スペース②

診察室前の待合スペースです。受付が終わって、診察待ちに主に使用されています。手前のソファーが一番人気です。目線が合わないように椅子を配置し、プライバシーにも配慮いたしました。

待合スペース

 

当院のマガジンラック、本棚

当院は完全予約制ですので待ち時間も短めですが、下記の他、癒される本なども用意しています。本棚には地震などの災害時に備えてランタン、懐中電灯が置いてあります。

マガジンラック
本棚

 

診察室①

院長による診察を行っています。詳しくはこちら

内科は机を横にして診察することがほとんどですが、対面となっています。距離感を保てるよう工夫しています。

診察室①  最近の風景

診察室②

カウンセリングルームとして使用され、こころの専門家であるカウンセラーが、みなさまの抱えているお悩みについて、共に考えていきます。男性、女性の心理士が対応いたします。詳しくはこちら

 

 

診察が終わりましたら会計、次回の予約をしてお帰り下さい。当院は電子カルテのため会計も早いです。

 

金町駅前心療内科かわせみクリニックへのアクセス

金町駅前心療内科かわせみクリニックのHP

かわせみ通信Vol1.

ご挨拶

 当院は平成2992日に開院し、3か月が過ぎました。その間、診療はもちろんのこと、心理士による心理検査、認知行動療法、カウンセリングが行えるようになりました。診療の幅も広がり、当院も少しずつ進化しています。今月からは心理士による復職支援も行っていきたいと考えています。今後も、「こころ専門のかかりつけクリニック」として地域の皆様に貢献できたらと考えていますのでよろしくお願い致します。

寒い季節になりましたのでお体にお気をつけください。

金町駅前心療内科かわせみクリニック

 院長 今井雅広

受付よりお知らせ

1、月初めは保険証を確認いたしますのでご持参ください。また、保険証の変更がある場合は変更時に必ずご連絡下さい。

2、インフルエンザの予防接種の在庫が2件分あります。ご希望の方は受付にてご予約ください。先着順です。

3、アンケートを行っています。今後の運営に役立てたいと思いますので、ご記入お願い致します。

4、ブログはじめました(http://kawasemiclinic.info)HPからもアクセスできます。内容も徐々に充実させていきたいと思います。

、マインドフルネスが雑誌に掲載されています。マガジンラックに置いています。付箋がついていますのでぜひお試しください。

          

当院へのアクセス

当院のHPはこちらです。

心療内科へ行く前に!「うつ」ってどういう症状?うつ病?

「うつ」ってどういう症状ですか?」と診察時によく聞かれますので、今回はその簡単な解説です。
「うつ」という言葉は「病気や症候群としてのうつ」と「症状としてのうつ」として使われることが多く、区別して使わないとわかりづらくなります。
今回解説するのは症状としての「うつ」で、「抑うつ」「うつ状態」「抑うつ状態」とも言い、「気分が落ち込んでいる状態」です。以下のような形で訴えられることがあります。
・悲しさ
・絶望感
・不安
・空虚感(心にぽっかりと穴があいた感じ、満たされない感じ)
・罪責感(自分が悪いのではないか?)
・自責(自分を責めてしまう)
・劣等感(自分は劣っているのではないか?)
・興味の喪失(これまで興味のあったことに興味がもてない、趣味ができなくなった)
思考が制止し、悲観的な内容になりやすく、意欲が低下したり、行動力が低下することも多くみられます。
こういったうつの症状はうつ病だけではありません。うつ症状でお困りの方は当院にご相談ください。

心理検査のご案内

 心理検査のご案内

院内掲示です

当院では、心理検査(知能検査・人格検査)を受けることができます。心理検査では、患者様における現在の気分、性格、得意なもの・不得意なものを理解して、悩みを解決する方法・より良く生活する方法を主治医や心理士と考えます。目的に合わせて、複数の心理検査を実施することがあります。

心理検査の例

〇 現在の気分がどんなものか理解します

〇 行動パターン・人との付き合い方・物事の考え方から、性格の特徴を理解します

〇 仕事や学業における得意なもの・不得意なものを理解します

診療上、必要な場合のみ行っており、保険適用内で行われます。当院公式HPもご参照ください。 こちら

 

カウンセリングや認知行動療法、心理検査に興味のある方は当院へご相談ください。  アクセス

当院のHPはこちらです。

カウンセリング、認知行動療法のご案内

カウンセリング、認知行動療法のご案内

当院では主治医が診療上、カウンセリングが必要と判断した場合、診療の一環として積極的にカウンセリングを導入しています。そうすることで従来の薬だけの治療にとどまらない治療が実現できたらと考えています。

院内掲示です

カウンセリングでは、こころの専門家であるカウンセラーが、みなさまの抱えているお悩みについて、共に考えていきます。「職場でうまくいかない」、「家族関係がうまくいかない」、「人づきあいが苦手」、「何となく不安」、「考えがまとまらない」、「人前に出ると緊張してしまう」、「自分をコントロールできない」、「もっとよりよく生活したい」などでお悩みの方はご相談ください。

認知行動療法も行っています。

※ご相談内容に関する秘密は、厳守されます。

 

カウンセリングや認知行動療法、心理検査に興味のある方は当院へご相談ください。  アクセス

当院のHPはこちらです。

12月。診療中

当院は「入口に入って来院されてから、帰られるまでが診療」です。診察だけではありません。

落ち着いた雰囲気の中、待っていただけるよう変わらない環境を心がけています。その中で季節に合わせた小さな変化を楽しんでいただけたらと思います。

12月ですのでクリスマスシーズンです。待合室、第2診察室の額の中の生地は毎月変わりますので季節感をお楽しみください。

今年の診療は12月26日(火)が最後になります。残りわずかとなりましたが、よろしくお願いいたします。

受付です
待合室です
待合室です
第2診察室(カウンセリングルーム)

 

うつ病、パニック障害、不眠症(睡眠障害)でお困りの方は当院へご相談ください。 アクセス

 

当院のHPはこちらです。